×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


うつ病なら病院に

うつ病は気の病で、気分転換すれば治るとかしばらく放っておけば治るとかいうのは、間違った古い考え方です。

うつ病はれっきとした病気で、自分の力では治すことはできません。

ですから自分がうつ病かもしれないと感じた場合は、早めに心療内科に行くようにしてください。

そして、医師に相談して本当にうつ病なのかどうかを確認し、本当にうつ病なら適切な治療を受けることが大事になります。

なぜ早めに病院に行くのが大事かと言うと、いずれ治るだろうと放っておいて対処が遅くなるとますます症状が悪化してしまい、より治りにくくなってしまうからです。

少しでも自覚症状がありうつ病が疑われるのなら、恥ずかしくてもためらわずに医師に相談するのが賢明です。

もし診断の結果うつ病と判断されなくても、医師からうつ病にならないための対策を教えてもらうことができます。

仮にうつ病と判断された場合は、うつ病に効果がある治療薬を処方されますが、症状が軽度の場合は精神安定剤や睡眠薬などが処方されることもあります。

病院に行くか行かないかの判断は、日常生活に何かしらの支障をきたしているかどうかがカギとなります。

特に、眠れない、疲れやすい、食欲がない、やる気がでない、死にたくなる、何事にも興味がわかない、といった症状がある場合は、すぐに病院に行ってください。