×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


うつ病の薬物療法

うつ病には治療薬がありますが、薬が合うかどうかには個人差があり、薬で100パーセント治るとは言い切れません。

人によっては症状が軽くなる場合もありますし、ほとんど効果がない場合もあります。

うつ病になった原因や症状によって薬の効果は異なりますし、一般的に薬だけで治すのは非常に難しいといわれています。

薬だけに頼らずに、体の調子を整えるために生活習慣を見直す、ストレスを軽減するため考え方を変えたり、新しい人間関係を作ったりするといったことも大切です。

薬にはセロトニンやノルアドレナリンの働きを高める力があるので、薬を服用することによって一時的に症状が和らぎます。

その症状が和らいでいる間に、何をするのかが非常に重要になってくるでしょう。

また、うつ病の治療薬には様々な種類があり、薬によって効果が異なります。

例えば、気分を明るくするタイプや不安を軽減させるタイプ、意欲を出させるタイプなどの薬があり、症状によって使い分けられています。

しかし、うつ病の治療薬には副作用が少なからず存在するので、医師の診断を受けて服用する必要があります。

万が一、便秘や口が乾くといった副作用が現われた場合は、すぐに服用を中断して医師に相談してください。